日本とアメリカの違い

サプリ依存症…

日本とアメリカの違い

サプリメントにおける認識は、
日本とアメリカでは全く異なります。

簡単に言えば、
日本は安全
アメリカは効果
を重視していると言えます。

日本の製品って、とにかく安全が売りですよね。
これは私はいいことだと思います。
ですがその反面、成分含有量を少なくしなくてはなりませんから、
どうしても効果が薄くなってしまいます。

これが万人にオススメできる理由でしょう。

アメリカは日本のように企業が叩かれにくいので、
日本に比べたらより効果と副作用が強いサプリメントを作ることができます。

ですので本当に自分に合ったものしか飲めないということですね。
ですから、消費者ひとりひとりの知識とスキルが必要になるのです。

日本人のように、はやりもの、人気が高そうなものをとりあえず
飲むという方法だと副作用が強くなってしまう恐れがあるのです。

今では個人輸入という方法で簡単にアメリカのサプリメントを購入することができます。

本格的に悩みがあって改善したい人は、
同じ成分でも日本のものより海外のものの方が良いかもしれませんね。

実際私も海外のサプリメントを飲んだことがありますが、
日本のものに比べ圧倒的に海外のものの方が効果があると思います。

サプリメントサプリメントを必要としてる人達
copyright(C)サプリ依存症…